小児一般

小児一般

小児科では、日本小児科学会が認定する小児科専門医である当院長が、生まれて間もない乳児から中学生くらいまでのお子さんを対象としており、主に内科全般を幅広く診療しています。
子どもに関するあらゆる症状が対象となりますが、具体的には、発熱、鼻水・鼻づまり、せき、のどの痛み、腹痛、便秘、嘔吐、下痢、発疹、ひきつけ(痙攣)、おねしょ(夜尿症)などの症状を診察・検査・治療していくほか、小児によく見受けられるアレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、気管支喘息、食物アレルギー など)につきましても対応しております。

子どもによく見受けられる症状(例)

  • 発熱
  • 鼻水、鼻づまり
  • せき、痰
  • 喉の痛み
  • ゼーゼーする
  • ひきつけ(痙攣)
  • お腹が痛い
  • おう吐、下痢
  • 便秘
  • 発心(ブツブツ)
  • 肌のカサつき
  • 機嫌が悪い
  • 泣き方がいつもと違う
  • 何となく元気が無い
  • 顔色が悪い
  • 食欲が無い
  • おねしょ(夜尿症) など

子どもが発症しやすい主な疾患

  • 急性上気道炎
  • 急性気管支炎
  • 喘息性気管支炎
  • 急性肺炎
  • 突発性発疹症
  • ヘルパンギーナ
  • 手足口病
  • 咽頭結膜熱(プール熱)
  • RSウイルス感染症
  • ヒトメタニューモウイルス感染症
  • 溶連菌感染症
  • りんご病(伝染性紅斑)
  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
  • 扁桃炎
  • 水痘(水ぼうそう)
  • 麻疹(はしか)
  • 風疹
  • インフルエンザ
  • 急性中耳炎
  • 水いぼ(伝染性軟属腫)
  • とびひ(伝染性膿痂疹)
  • ウイルス性胃腸炎(ロタウイルス、ノロウイルスを含む)
  • 細菌性腸炎(キャンピロバクタ、サルモネラを含む)
  • 腸重積
  • 急性虫垂炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 気管支喘息
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎)
  • おむつかぶれ
  • あせも など

受診時の注意点

小児科の診療も原則は先に予約を入れた方から順番通りに診察となりますが、お子さんが嘔吐を何度もしてぐったりしている、ひきつけを起こした、激しい頭痛や腹痛に襲われている、喘息発作などで呼吸困難状態となっている、といった状態にある場合、特別に配慮をいたします。通常は看護師が状態観察いたしますが、先に看護師や受付にてお申し出いただいても結構です。
また、他の患者様でこのような急性症状のお子さんがいるのであれば、診察の順番が前後することもありますので、あらかじめご了承ください。

当日受付システムのご案内

携帯電話のWebサイトやご自宅のコンピューターのインターネットから簡単な操作で当日の順番を登録いただけます。
予約時間は、午前中は7:30から11:30まで、午後は14:00から18:00となっております。
(ただし午後の予約を午前中にすることはできません。)

登録した後は、順番の確認をしたり、キャンセルしたりすることも可能です。
なお、初診の方もこのシステムを利用できます。

このほか体調不良を訴えているお子さんが、あきらかに感染力の強い感染症(インフルエンザ、風疹・麻疹、おたふくかぜ、水ぼうそう など)を発症していると考えられる場合は、ご来院の前に一度お電話等にてご連絡ください。

Page top